神様 ケリースレーター 復活

https://www.worldsurfleague.com/athletes/553/kelly-slater
より 引用

海のサーフィンにおいて、知らないものはいないのではないか。

その名はケリー・スレーター

51歳にして11回のワールドチャンピオンの経歴を持つ、神様と称される人物である。

残念なことに、前回のCTイベント5戦目のマーガレットリバーにおいて、ミッドシーズンカットの対象となってしまった人物でもある。

CT イベント優勝数や、入賞数の記録は全く破られそうに無い記録を持ちながら

今回のミッドシーズンかとでCT落ちとなってしまいました。

そんな中、ケリーファンにとっては最高の朗報と言えるでしょう。

WSLは先日、シーズンワイルドカードをケリー・スレーターに授与した。

これによって、今シーズンの後半戦、また来季の前半戦までの出場権を得た。

結果的に、CT落ちとはならなかったものの、今シーズンの最高順位はベスト16までという、あまり良い成績とは言えない。

後半戦、期待しています。

これからも頑張って欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. WSWS 琵琶湖大会 閉幕

  2. WSL タヒチプロ

  3. 【最先端】フォイル サーフィンって何?

  4. WSL Billabong Pro Pipeline 開幕

  5. タンデム サーフィン

  6. ミッドシーズンカット CT落ち?

  7. MEO Rip Curl Pro Portugal 開催中

  8. WSL Billabong Pro Pipeline 閉幕

  9. MEO Rip Curl Pro Portugal 終了

PAGE TOP