イルカ 座礁 サーフィン道場で

ショッキングなニュースが舞い込んできました。

30頭を超えるイルカの群れが千葉県釣ヶ崎海岸に打ち上がったというニュースだ。

昔から、イルカの座礁は大地震の兆候であるとか、不吉の象徴であると言われている。

今回打ち上がったのは、東京オリンピックのサーフィン会場にもなった会場で

多くのサーファーがサーフィンを行う場所である。

この場所はサーフィン道場とも言われており、全国の有名なサーファーが集まるポイントの一つだ

今回のイルカの座礁を受け、たくさんのサーファーが救助に駆けつけたようで
30頭近いイルカが海に戻ることができた。

残念ながら、数頭は間に合わなかったようだが、今回のサーファーの行動は
賞賛されるできものであると思う。

ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. TIME FOR OCEANS

    海を愛する全ての人たちへ。 海のプラスチックゴミを再利用して生まれた腕時計「TIME FOR OCE…

  2. 2023年 CWSA 第1戦 日本開催決定

  3. 【大会結果】JWSA年間ポイントランキング2017が確定

  4. CWSA WSWS 日本で同時開催が決定

  5. 【大会結果】JWSA公認/CWSA公認 センチュリオンウェイクサーフジャパンオープン2018

  6. BILLABONG

    BILLABONG独自の最新システムウェットスーツ「ビラボンLONG CHEST【PRO】SYSTE…

  7. 【動画】ウェイクサーフィンがアリゾナ州で人気急上昇中

  8. ゲーム

    サーフィンゲームアプリ『World Surf Tour』を App StoreおよびGoogle P…

  9. 宮崎・日向の高校生がウェイクサーフィン全国大会で準優勝!来季日本初のプロ誕生!

PAGE TOP